えんジャムのおしらせ

真夏のお仕事

K3400116梅干し
じりじりの真夏の日差し!

今年もたっぷり日を浴びて、
ほんわり やわらかいうめぼしに。

涼しい甕に移されて
来年の春まで
ゆっくりじっくり熟成します。


濃い紫は、たっぷりの赤紫蘇と梅の塩漬け。
梅だけを細かく刻んで、
梅ふりかけに。
ごはんに、じゃこと一緒に混ぜ込んで
おむすびが定番。

もひとつ
梅仕事のお楽しみ ゆかり。
梅雨明けの真昼の三時間で
赤紫蘇の葉をぱりぱりに干し上げます。
干し方のコツ、
考えたのは、父でした。

どちらも
夏の食卓に欠かせない
我が家の思い出の味。


西荻窪の364(サンロクヨン)にも
おすそわけ。
小瓶に入って
ちんまりと並びます。



  1. 2014/08/08(金) 17:41:07|
  2. 未分類